銀婚式プレゼントに胡蝶蘭を選ぶこれだけの理由

結婚記念日の中でも、夫婦仲良く頑張ってきた期間を最も感慨深く振り返る事が出来るのはやはり、25周年記念の銀婚式の日では無いでしょうか。


お互い安定を求めて長く頑張ってきて、多くの場合子供も成人してそろそろ自立し、自宅には再び夫婦だけの安らぎの空間が訪れ始めているケースが多い筈。
ただそこで空虚にならず、再び何かやりがいや目標を持って歩み始めるチャンスでもあります。運だけに頼るというのも何ですが、銀婚式をきっかけに幸運を掴んでもらいたいとその夫婦にプレゼントを贈るならそれに相応しい、豪華で縁起の良い花にするのが良いですよね。
現在鉢花の贈答品として大変高い人気を誇っている胡蝶蘭ですが、その花言葉は「幸せが飛んでくる」。まさにこれからの希望を持って銀婚式を迎える夫婦にピッタリなプレゼントだとは思いませんか?

大変豪華な白花大輪の胡蝶蘭の寄せ植え。その大きな蝶の様な花1輪1輪を眺めていると、不思議とそれらが目に見えない幸せを運んで来てくれる様な気がするもの。きっとこれらをプレゼントされた夫婦もより強くその気持ちを感じ、幸せに浸る事が出来る筈です。
実際に実用面から見ても、胡蝶蘭のプレゼントは夫婦の銀婚式に大変ピッタリなアイテムに違いありません。

銀婚式のプレゼントで届けられる多くの先は、既に子供も巣立ちインテリアにもだいぶ余裕が出来た戸建て住宅やマンションでしょう。子供が独り立ちし少々寂しい思いをしていた夫婦に生きた胡蝶蘭の寄せ植えをプレゼントすれば大変喜んでくれると共に、それを子供代わりにしっかりと育てようという気持ちになる夫婦もきっといる筈なのです。

その点胡蝶蘭は大変理想的な植物。現代の機密性の高い住宅事情は栽培にある程度の温度を要する胡蝶蘭にとっても不足の無いものですし、栽培自体かなりやりがいを感じられる難易度。
生産農家程の勢いは期待出来ないものの、しっかりと育てれば翌年の初夏には再び素晴らしい蝶の様な花を咲かせる事が出来るのです。

銀婚式を迎える年代の夫婦が新たに気軽に取り組めるやりがいある趣味として、鉢花栽培を始めとした園芸は実にピッタリであり、それに導入する案内役としても、豪華な胡蝶蘭の寄せ植えは理想的なのです。

現在胡蝶蘭を銀婚式プレゼント向けに栽培・販売している生産者やフラワーショップは大変多く、その花のサイズや色、本数のバリエーションも多岐に渡っています。自分なりに工夫したプレゼントに出来るのも大きな魅力の一つに違いありませんよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする