キャバ嬢の誕生日に胡蝶蘭が喜ばれる理由

胡蝶蘭とは、縦長に大きな花が何個も均等に連なっており、花屋さんで大きな存在感を放っている豪華な花のひとつです。この花は、東南アジアなどの暖かい地域に生息していることが多いラン科の植物です。そしてとても繊細な花で、温度や湿度、光などの管理が難しく、枯れやすく、大きな花びらが変色しやすい特徴を持っています。

しかし繊細な花だからこそ、洗練された豪華な花であり、人を魅了する魅力を持った花です。特に人目に付きやすい場所に飾られることが多い胡蝶蘭は、会社の受付やお店のお祝い事、特にキャバクラの女性の誕生日に贈られることが多いです。

その理由のひとつは、まず見た目が豪華でボリュームがあり、華やかであることです。キャバ嬢は、男性客を相手にする商売であるため、他の女性と違い見た目が華やかで、高嶺の花のような存在の方が多いです。そのため、プライドも高い方が多く、誕生日などの自分の大きなイベントは、顧客に歓迎されていることを認識する場になります。そして胡蝶蘭は、豪華でキャバ嬢の華やかさに匹敵する花でありながら、縦に連なった大きな花には高級感があるため、キャバ嬢の誕生日に喜ばれる花です。ひとつ注意が必要なことは、胡蝶蘭は金額によって、色や大きさなど様々です。キャバ嬢のお誕生日で贈るために用意をするのであれば、出来るだけグレードの高い商品を選ぶことをお勧めします。高価な胡蝶蘭は、安価な胡蝶蘭と違い、ボリュームあり、花の大きさが大振りで花の数も多いことから、華やかさが一層際立ちます。
そして他にも胡蝶蘭をキャバ嬢に贈る理由として、胡蝶蘭にまつわる花言葉が美しい内容が多いからです。その内容は、繁栄や安定をもたらすことや、上品や高貴、愛と美の象徴など男性客を魅了する商売として必要な花言葉が多いです。また胡蝶蘭は様々な色があり、色によって花言葉が違います。例えば、贈り物として多い白色の胡蝶蘭は、清純という意味があり、気品ある女性に贈る花としてよく合います。他にピンク色の胡蝶蘭は、あなたを愛しますという言葉が込められています。キャバ嬢とお話する時間は、疑似恋愛に似ていることから、お客としてさりげなくピンク色の胡蝶蘭を贈ると喜ぶキャバ嬢は多いと思います。そして見た目もピンク色で、女性らしい印象の花なため華やかなキャバ嬢によく合います。
このように、胡蝶蘭はキャバクラの女性の誕生日などのイベントに贈る花として、ふさわしく相手に大変喜ばれる花です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする